低コスト生産を目指して

同社はすでに、エジプトからの収益を受け取ることで、エジプト、チュニジア、グレッグ・コールマン、独立したリソースの最高経営責任者(CEO)の両方で、将来の石油機会、IRGの未来を議論するためのヒントテレビ財政ショーでザックミールに参加しました。

何が独立したリソースの来年ホールドしていますか?

まず、コールマンはIRGはすでに会社で費用を負担するのに役立ちます日あたりの油の200バレルを生産しているが、現在の低原油価格で、これはビジネスに再投資する多くを提供しないことを説明しました。将来のための主要な戦略は、コストを削減することを含む、とコールマンは$ 10バレル損益は、揮発性と最近の低原油価格に対処するためにそれらを可能にする会社のために可能であると信じていました。これは、独立したリソースコストで、エジプトでの掘削リグのレンタル30%の下落を経験した最後の6ヶ月間で強調されました。エジプトに関するとき、未来はコールマンが原油価格の回復のある程度のラインにあるであろう期待1-2新しい井戸が掘削されている可能性を、保持しています。チュニジアの面では、彼は自分の探査ライセンスを指摘し、とのパートナーに農業会社を見つける必要があります。しかし、コールマンは、現在の地政学的なイベントは、物事を遅くしている実現し、したがって、IRGは、患者である必要があります。彼はエジプトとチュニジアの両方で彼らの強い、経験豊富で非常に実践的なチームだけでなく、本当の可能性を強調することで結論付けました。

市場での供給過剰はどこでも起こっています

彼は何のアクションと国とアンダーカットとお互いを長持ちしようとする企業の継続を期待できないOPEC総会今日に続きました。コー​​ルマンは$バレル50のレベルを識別し、石油価格のいくつかの安定性が役立つだろうとコメントしました。彼は、世界は世界中の石油の膨大なストレージを持っていると結論付けており、この供給過剰は、それのための継続的な需要が高いにも関わらず、いつでもすぐに消えていません。

金融市場は金曜日にパリのテロ攻撃以来、初めて開かれます。

市場の発動機

• 金融市場は金曜日にパリのテロ攻撃以来、初めて開かれます。
•ECBのConstancio、ドラギとCoeure日中話すされ、市場は先に我々はECBが10BPによって預金金利をカットし、毎月の債券購入を上げることを期待する12月の次のECB会合の金融政策上の信号に目を光らせて維持しますEUR75bnへ。

選択された市場のニュース

金曜日にパリのテロ攻撃の後、フランスの防衛省日曜日の夜は、10フレンチ戦闘機は、ラッカのイスラム国家の指令センターを含むシリアで目標を達成したことを報告しました。原油価格や金価格の両方がヨーロッパと中東の地政学的情勢に関する不確実性を反映して、1%上昇しています。

金曜日に国際通貨基金(IMF)、クリスティーヌ・ラガルドのマネージングディレクターは、彼女が人民元が自由に使用可能な通貨となるための要件を満たしていることをIMFスタッフの所見を支持する声明を発表したため、すでに輸出基準を満たすとともに、 SDRバスケットに含まれる基準を満たしています。SDRバスケットにおける人民元の包含は、11月30日、IMFの理事会の際に決定されます。

GDPは0.1%Q / Q、在庫および投資を削減することを企業に導いたの低下のコンセンサス予想より低かった0.2%Q / Qを、落ちたとして日本経済は第3四半期に景気後退に入りました。日本銀行は、その10月の会合で不変のポリシーを保持しますが、今週木曜日に再会する予定です。

米国株式は1%の下落昨日低くなって

市場の発動機

•私たちはへの大きな変更は考えていないノルウェーのCPIを参照し、Scandi 市場を。
•それだけでティア2のデータとグローバル・アジェンダの静かな日だ。フランスの工業生産 9月の8月に強い月例上昇、次の大きな低下を設定されています。
• 米NFIB中小企業の楽観は 96.1から96.4にわずかに上昇すると予想されます。
• 米輸入物価上昇率は -10.7%y / yのから10月の-9.4%Y / yに上昇すると予想されます。商品価格からインフレへの下方圧力が徐々に緩和し、また、最近連邦で示すように、輸入物価を押し上げます。

選択された市場のニュース

一晩にリリース中国のインフレが予想以上に減少した 9月には1.6%y / yのから10月(コンセンサス1.5%Y / Y)に1.3%Y / Yにします。コアインフレ率(元の食品とエネルギー)も1.5%のy / yに1.6%y / yのから落ちたものの低下は、より低い食品価格のインフレにほとんどでした。データは、中国人民銀行からのより多くの緩和の期待を煽ることがあります。経済が底打ちの兆しを示し続ける場合は、私たちは、中央銀行が現在の金融緩和サイクルの終わりに近いことを期待しています。私たちは、年末までの50bpの預金準備率の最後のカットを探してください。PPIのインフレ率は低下し、輸入価格によって押され、10月に-5.9%y / yので変わらずとどまりました。

日本ではエコウォッチャー期待指数(良い先行指標)が着実に開催された、まだまともなレベル(長期平均は46.0である。)である、49.1で。

ギリシャとEUの間の新たなスタンドオフはギリシャの問題がまだバックグラウンドで迫っていることを思い出させてくれ、FTを参照してください。EUR86bn救済パッケージのEUR2bnトランシェが原因担保権実行の場合、住宅所有者の保護に関する条件を満たすためにギリシャから失敗に昨日差し控えました。EUの債権者は、システムの不正使用を避けるために、弱い保護を要求しています。

強いラリー月後、米国株式は低くなって 1%の下落昨日。これは、不確実性は依然として12月連邦機関のハイキングと強いドルの効果の上に迫っているよう投資家は利益を取っているようです。

リスク選好度の低下にもかかわらず着実に開催された米国債利回りハト派連銀メンバーチャールズ・エバンス(2015年有権者)からコメントとしてFRBは12月のリフトオフの準備ができていることを期待に追加されました。メッセージは、経済が予想外に減速しない限り、12月リフトオフが適切であると述べた連邦の他のハト派メンバー、エリック・ローゼングレンで一晩エコーました。

ロイターの話コンセンサスがECBの12月の会合で切断預金金利のために構築されていることを昨日は、送信された2年間のドイツの利回り大幅に低いが、下部にも10年物利回りを引っ張りました。

埼玉に探偵社多く存在する市はどこかしら?浮気問題!

夏が日本一熱いといわれる熊谷市に住んでいるし、ウチの旦那の浮気相手らしきも隣の町の行田市に住んでいるようなのです。この相手の住所までは調べがついていませんから、いま浮気調査中なんだけど、一回証拠は撮れているんですが、複数回の現場を押えておかなければなかなか裁判でも有利にならないこともあったりするらしいので、川越市にある大手探偵社に浮気相手の方も身元を調べてもらっています。

それが一回証拠が撮れた時のその女の顔を見たんですけど、そりゃ確かに私よりは若いかもしれませんが、これがデブでブッサイクな女なんです!!!

こんな不細工な女の何がいいんだろう?って思ってしまいましたけど、探偵さんから「くれぐれもご主人の前では知らん顔してくだい!」と頑なにいわれているので、我慢するのが大変でイライラしますけど、これにはタイミングがあるらしいので探偵さんのいわれる通りしたいと思います。

この浮気調査ですが、知り合いから川越かさいたま市内に何社か有名なところがあるらしく、スマホはよく触っているので、検索で埼玉の浮気調査のことなら|浮気調査埼玉どこまでも実直に取組む探偵という当に私が探しているサイトが見つかったので、それで川越の大手のところに浮気調査をお願いすることになったわけです。